HOME > 犬の届出手続と窓口

登録について

登録

犬を飼い始めたら30日以内(生後90日以内の犬の場合は、生後90日を過ぎてから30日以内)に、その犬の所在地を管轄する市町村(管轄市町村)に登録申請し、鑑札の交付を受けてください。(狂犬病予防法第四条)

交付された鑑札は犬に装着して下さい。未登録犬は、管轄市町村で行われる集合注射会場でも登録申請ができます。


登録手数料
1頭当たり3,000円(登録時のみ)

犬を飼っている方の届出が必要な場合

登録の変更
以下の場合、犬の所在地変更届を市町村役場に届けてください

飼い犬の所在地を変更した時
飼育者(所有者)の住所を変更した時
飼い犬の所有者が変更して、新しい所有者になった時


飼犬の死亡
犬の死亡届を管轄する市町村役場に必ず届けて登録を抹消してください。

咬傷事故
所有する犬が人を咬んだ時は、「飼い犬こう傷届」を最寄りの保健所に届けて、保健所の指示に従って下さい。

その他

1.愛犬が行方不明になった時

放し飼いの犬や逃げ出した犬は、保健所に保護されていることがありますので、最寄りの保健所や警察署、所轄市町村等に速やかに連絡してみてください。

2.どうしても犬が飼えなくなった時(下記のページをご覧下さい)

日本獣医師会ホームページ
「犬とねこの正しい飼い方」−「飼い主として心得ておきたいこと」


狂犬病予防注射及び狂犬病全般のお問い合わせ先

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射に係る市町村窓口一覧表(pdfファイル)
長野県獣医師会支部所在地一覧表(pdfファイル)

※ 狂犬病予防注射は、長野県獣医師会が各市町村の委託を受けて実施しています。


狂犬病及び狂犬病予防法全般に係ること

・最寄りの保健福祉事務所、食品・生活衛生課、乳肉・動物衛生係
・長野県庁 健康福祉部、食品・生活衛生課、乳肉・動物衛生係