HOME > 獣医師について

獣医師の職域(実際の仕事風景を左のメニューからご覧いただけます。)

産業動物臨床獣医師

開業獣医師と勤務獣医師に分かれ、勤務先は農業共済組合、乳業会社、市町村、農協等です。 仕事内容は、牛・豚・鶏等家畜の診療、飼養管理指導及び人工授精、受精卵移植等に携わり、畜産農家の主治医、コンサルタントとして地域の畜産発展に日夜努めています。


小動物臨床獣医師

小動物病院開業獣医師がほとんどで、一部が小動物病院の勤務獣医師です。 仕事内容は、犬・猫等伴侶動物、エキゾチックアニマル等小動物全般の診療や健康管理指導を行う、皆さんの身近な動物のお医者さんです。


公務員獣医師

長野県では、県職員が大部分で、その他市町村職員等です。 県職員の中で農政部に所属(県庁園芸畜産課、家畜保健衛生所、畜産試験場等)している職員は、畜産生産振興、安全な畜産物生産、家畜伝染病予防等の業務に従事しています。 健康福祉部に所属(県庁食品・生活衛生課、保健所、食肉衛生検査所、動物愛護センター等)している職員は、食品衛生・と畜検査・狂犬病予防等公衆衛生、動物愛護等の業務に従事しています。 市町村は長野市保健所の職員等です。


その他の職場の獣医師

動物園、医薬品研究所、畜産関係や公衆衛生団体勤務獣医師等です。